M&Aとは何か?

M&Aとはなにか?

M&Aというと、多くの人に認知はされていますがまだまだ大手企業向けのイメージが強いのではないでしょうか? もちろん、有効な経営戦略として中小企業でも有効に利用されていますがまだまだ、中小企業や特に小規模事業者向けの利用の裾野は広がっていないと思っています。

まず、M&Aの言葉の定義ですが、狭義には合併等の会社と会社が一体になる度合いが強いものがあります。広義には業務提携(アライアンス)といった比較的緩い結合の方法があります。広義の解釈を拡大すると、実は非常に多くの企業様や小規模事業者様が利用されているのではないかと思います。

また、大企業と中小企業にとっての利用の仕方等も違う点が多いかと思います。大手と言っても株式公開を行っているところはTOB(株式公開買い付け)等で資本比率を向上させ、経営権への影響度合いを高めるやり方等もありますが、中小企業の大半は未公開株式であり、株式の譲渡制限が付与されているケースが大半です。その為、上場企業にとっては資本政策をきちんと考え、買収防衛策等も検討するのですが、譲渡制限が付与されている中小企業にとってはオーナー様は相手によって了解、拒否をする事が出来ます。

その為、最近では団塊世代の高齢化に伴い、企業の事業承継ニーズが高まりM&Aの手法が広まりつつあります。事業承継の目的でのM&Aは、相手方の信用をベースにされる事が多く、非常に友好的なものです。

昨今、少子高齢化が進み、更に事業環境の変化により、後継ぎがいない、もしくは継がせたくないという方が多くいらっしゃいます。また、社員への承継も個人保証の引継ぎや株式買い取り資金の調達に苦慮されて、上手く行かないケースも多々あります。

M&Aをする事が全てにおいて最高の解決策になるとは言えませんが、出口の選択肢の一つと捉えて事業運営を進める事は今後、より有効になると思います。

様々な方お会いしますが、本当に小規模で事業をやってこられた社長様は責任感が強く、「顧客に迷惑を掛けたくない」と言った想いを持ちながら体にムチを打って頑張ってらっしゃる方が多いです。

スマートM&A.comではこのような地道に頑張ってらっしゃる方々に、後々の不安等をもたずより充実した人生を送って頂ける様に、「よいものは良い」、「ダメなものはダメ」のスタンスで情報提供などを行っていきます。

素朴な質問でも、お問合せでもなんでもお気軽にこちらまでご連絡下さい。

何卒宜しくお願い致します。