M&A 業者 選定のポイント

M&A業者 選定のポイント

M&A業者選定のポイントというタイトルで今回は記載させて頂きます。M&Aの仲介会社って?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、結構M&Aやりますと言う業者はあります。

選定のポイントとなるのが以下の項目かと思っています。

  • 仲介手数料
  • 業者の強み分野が合うか?
  • アドバイザーが信頼出来るか?
仲介手数料

大きなところでは銀行、証券会社等の金融機関、会計事務所、そしてM&Aブティックスと言われる会社です。銀行等はしっかりとしていますし、買い手と売り手の財務内容も把握していますから有力な選択肢と言えます。ただ、仲介手数料の最低料金が地銀クラスで1,000万円~、メガバンクで2,000万円~等、中小企業や零細企業等にとっては負担が大きいと思われます。

会計事務所に関しては、これは事務所によってマチマチですが仲介手数料 500万円~等が多いと思います。(もちろん、下回るところもあります。)

そしてM&Aブティックス(スモールM&A.comもこの部類)もピンキリで100万円~2,000万円くらいの幅で仲介手数料を取引価額により変えています。M&Aブティックスについては得意業種や地域を決めている事が多く、一定のカテゴリーのところでは使いやすいと思います。

まず、仲介手数料のところで一つの判断になろうかと思います。そして業者によっては着手金、中間金を頂く様なところや完全成功報酬で行うところ等、様々です。

報酬体系については業者によって考え方が様々ですので、そのあたりを聞いてみても良いと思います。

業者の強み分野が合うか?

業者によって、強みが違う事はもちろんあります。クリニック専門や介護専門、飲食店専門等です。しかし、多くの業者は東京に集中していますので関東圏の方は選択の余地が多いのではないかと思います。一方、スモールM&A.comが得意する関西圏はあまり小規模M&Aを取り扱う業者が少ないと思っています。強み分野と地理的にアドバイザーが近いかどうかも検討判断に入れても良いかと思います。M&A取引は多くの方にとって経験が少ないものであり、どうしても不明点や不安等が生じます。その様な時に、顔を合わせて話がしやすい環境にある事も一つのポイントであると思います。

アドバイザーが信頼出来るか?

M&Aアドバイザーの信頼性についてです。M&Aアドバイザーに限らず、全ての仕事において信頼出来るかは大きなポイントです。(逆に、信頼が無ければ何も生まれませんよね)

では、どのようなところを見て行けば良いでしょうか?

時間を守る、約束を守る、言った言わないの話しをしない等は当然ですが、柔軟性がありM&Aを承継と捉え、親身に相談事が出来る人が適切では無いかと思います。

柔軟性とは?ですが、M&A取引においては完全成功報酬をうたっているがゆえに、どうしても相手が見つかったら、押し込んでくる業者もあるそうです。M&Aの折衝を行うと何かしらの調整事や思惑通りにいかない事もあります。その中で、「撤退」する選択肢ももったアドバイザーを発見する事がベストです。

では、どの様に見分けるかですが、M&Aはあくまで承継方法の一つとして見ているかです。一つ、事例を申し上げると、実際にあった話ですがお店が忙しくて、従業員との関係も悪いし事業を辞めたいという方がいらっしゃいます。その出口の一つとしてM&Aの相談に来られましたが仕事自体は嫌いではないのです。お店が忙しいなりにプライベートの時間が確保でき、従業員との関係性が良好であればベストですよね。とアドバイスを行い、そのお客様についてはM&Aの選択肢を残したまま(売却案件化を行い)、同時にお店の経営の見直しを行って頂いています。M&Aアドバイザーの立場としてはお店が軌道にのり、その経営者様がそのままお店を続けるのではあればそれで最善と捉え、非常にうれしい事と思っています。また、お店の経営改善は行ったけれど良い買い手様が見つかった場合には、事業価値は向上しているので売却価格が上がり、それはそれで良いと思っています。

まずは、アドバイザーに色々と事業の事、私的な事も含めてお悩みや要望があれば率直に相談する事が宜しいかと思います。もちろん、ある程度相手を見極めながらですが、その上でFA契約の締結を手数料体系と合わせて検討されるのが良いかと思います。

スマートM&A.comでは様々な承継に関する相談を受け付けております。家族との事や事業の事、その他諸々のお悩みを理解した上で最適なM&Aを含めた承継をお手伝い致します。

素朴な質問でも、お問合せでもなんでもお気軽にこちらまでご連絡下さい。

何卒宜しくお願い致します。