M&Aの相談先はどこがいい?

M&Aの相談先はどこがいい?

現在、行っている事業を進めている中で事業の売却が頭に出てきた場合に、ではどこにその様な事を聞いてみるのがよいかについて記載いたします。

一般に、事業の事を相談する先としては顧問税理士が頭に浮かぶのではないでしょうか?顧問税理士は顧客の事業を良く理解し、様々なアドバイスを行い信頼関係が築けていると思います。(相性もあるので一概には言えませんが。。。)

しかし、M&Aで売却する事については必ずしも最適とはいいがたいと考えています。と言いますのも、顧問税理士にとっては顧問先が減少する(=売上が下がる)事に繋がる為です。その為、M&Aで売却する事が最適であってもM&Aをしない方向のアドバイスを行う事があります。M&Aであたっては売却するにしても顧問税理士を可能であれば継続して売り手に採用してもらえるように説明する等の配慮をすることも考えた方が良いです。事業譲渡の場合は実現は難しいですが、株式譲渡(=子会社化)の場合には丸ごと会社を売却する事になりますので、買い手としても子会社の歴史や実情を理解している顧問税理士がいる事がメリットとなります。

次に、相談先としては銀行になると思います。銀行についても一概には言えませんが、まず信頼関係がきちんと構築できているかだと思います。融資を受けていたり等しますと引きはがしの不安があったりしますし、手数料をしっかりとりますのでそのあたりがネックになってきます。その為、中小企業や小規模事業者等には使いづらいのではないかと思います。しかし、買い手を銀行ネットワーク無いで探す分には買い手の事も理解していますのでハマれば良い相談先では無いかと思います。

最後にM&A仲介業者ですが、良いところは全くの第三者である事です。顧問税理士や銀行など普段付き合いのあるところには相談しづらい等の心理的負担が少ないと言えます。注意点としては業者も様々ですので、きっちり説明を行い、最低限NDAを締結する等の機密保持に対して誠実に対応している等の事をクリアする必要があります。また、大手だからといった基準では無くても小規模でも誠実に対応する業者が良いと思います。

スモールM&A.comでは初期相談は無料で行っています。些細なご質問やご不安でも可能な限り対応させて頂きます。

お問合せはこちら