親族内承継とM&A

親族内承継とM&A

事業承継の方法の一つに親族内承継(子息への承継)がありますが、基本的にはご子息に継ぐ意思があれば株式や資産を承継して事業を継ぐことになります。しかし、実際に継がせたものの事業が上手く行かない、業績が悪化する等の事になる事があります。もちろん、事業環境の変化等の要因がありますが中小企業の場合は内部環境に左右される事が多いと思います。
入社する前から継ぐ意思が無い場合は分かりやすいのですが、継ぐ意思が弱いにも関わらずなんとか入社させた場合は経営者としての能力を向上できないまま経営者になる事があります。本来であれば、教育をしっかりと行い準備を整えた上で行う事が常道ですが、様々な事情によりしっかりと整えないまま引き継ぐケースもあります。

この様な場合にもM&Aを活用してより資本のある、経営ノウハウのある事業主に譲渡する事を検討するのも一案です。
しかし、この場合はご子息のプライドを傷つけたり、様々な親子間での軋轢が生じる可能性があります。その為、可能であれば事前にM&A等のオプションを行使出来る様に、株式を信託契約を利用して後戻り出来る様にしておくなどの事を考えてもよいかもしれません。

また、折角継いだ会社を本当はやりたくないと、本音をこぼす経営者も結構いるものです。私はその様な経営者にお会いする事も多々あり、その時はいつもこう聞きます。「では、会社を辞めて、やりたい事をやりませんか?」
帰ってくる答えとしては2パターンです。

「親に今までやりたい事させてもらったから、やらないといけないと思っている」
「株式は譲らないが誰か、経営をやってもらえないだろうか。」

いずれの答えも事業そのものは、家族との分離に対して後ろ向きですが、世の中に都合の良い話はそうそうありません。家業を継ぐにしても、継がないにしても覚悟をもつ必要はあるかと思います。

経済的な見地で言えば、誰かに経営をやってもらってオーナーの立場にあったとしても相続税では同族株式評価となり高い相続税を支払う事になります。その為、当面オーナーで売りたいときに株式を売る決断は相手がいるかの問題になり非常に難しくなります。

この様に考えますと、家業を継ぐのであれば家族団結して、後継者を盛り立てる。中途半端な意思であればM&Aを考える事も後々の事を考えると良いのかなと思います。