M&Aで人材難解消

M&Aで人材難解消

M&Aで人材難解消とタイトルを付けましたが、何を申し上げたいかと言いますと昨今、少子高齢化や団塊世代の好機高齢化及び後継ぎ不足により廃業を余儀なくされている事業者が多いために雇用の減少→地域の賑わいへの影響が生じています。

また、昨今は人手不足で多くの企業が優良な人材確保に苦慮しており、中には積極的に外国人労働者を採用する企業も増加しています。今後の傾向としてはまだまだ増加するであろうと考えておりますが、ポイントとしては優良な人材が欲しいという事です。

ある中小企業の経営者と会話しますと、お金を使って広告等をしても人が来ない。(厳密にいえば、人は来るけど礼儀や信用性等に欠ける人であり、対象にならない)とおっしゃいます。
一方、廃業に至る中小企業は人材を抱えており、特定の分野でのスキルをもった人材が多くいます。しかしながら40歳を超えている等、年齢的な問題もあり全く新しい分野での就職は難しく、たとえ入社出来てもスキルを活かせない事より相当なストレスを抱える事になります。

この様な場合、M&Aを行う事で売上が一定数ついてくる。更にスキルを持った人材を確保する事が出来ます。単に、人材を募集するだけであればスキル面での不安、広告費、研修費等のコストが掛かりますがM&Aを行えると即戦力の人材を確保する可能性が出てきます。

しかし、一点、注意する事があり、M&Aで人材を確保する事は当然に確保できるものでは無いという事です。各々の社員にとっては、職業選択の事由があり、憲法で保障されています。
更に、会社売却の理由によりますが、売却する側としてはネガティブな感情が生じます。
その為、買収しようとする当事者は譲り受ける社員への待遇や配慮を検討し、現状の条件を維持する事、更により良くしていくこと等を説明し、つなぎとめる努力が必要です。

私の経験では、本当に欲しい人材、必要な人材ほど、他社も欲しがる人材である為、より丁寧な説明と期待している事の意思を伝える事が重要です。その様な人材は、他にいっても出来ると考えている事が多く、転職をします。
いずれにしても、M&Aで有能な人材を確保する事は可能ですが、絶対ではない事をご理解頂いた上で自らの想いや熱意を相手側に理解してもらえるよう努める事が重要です。

スマートM&A.comでは人材が欲しい、もしくは人材の就業を確保して欲しいといった方への支援を行います。

お問い合わせはこちらまで。