開業者にとってM&Aは有効か?

開業者にとってM&Aは有効か?

独立してお店をやりたい、資格を取得したので開業したいと思われる方は多いと思います。
開業するにあたっては、

1.一から物件を探して内装等を一から作りこんでスタートする方法。
2.居抜き物件を探して、内装費等は削って比較的低投資でスタートする方法
3.M&Aを行い、初期投資は上記より大きくなるが収益性を勘案してスタートする方法

これらの選択肢があるかと思います。
どのような選択肢を取るかは、各人のご判断になるかと思いますが、1.についてはハイリスクハイリターンでは無いかと思います。これまでに無い様な店舗づくりを行えますので顧客ニーズを上手くつかむ事が出来れば、リターンは非常に大きいと思います。また、物件探しにおいても、立地条件等の選択肢が広く、自由度が高いところがメリットと言えます。
反面、スタッフ等の募集・教育費やストアコンセプトが顧客ニーズに合わない場合には撤退を余儀なくされ、原状回復費用等が掛かりますし、内装費用等はそのまま埋没コストとなります。

2.の居抜き物件を利用する場合においてですが、前述のとおり内装費が安くつき、開業しやすい事がメリットと言えます。しかしながら、現実的には何故居抜き案件があるかを考えてみますと前のお店が赤字であったからと言う事があります。このあたりのところをよく精査される事は重要であると思います。立地条件や全店舗の経営成績等を調べた上でのご判断になろうかと思います。またデメリットとしては新規物件からの立ち上げと同じく、スタッフの教育や、一からの売上づくり、撤退時の原状回復費用の負担となります。もちろん、居抜き案件として売却して他の方にお願いする事も可能ですが、簡単に見つかるものでは無く、更に周囲に居抜き売却の検討をしられてしまうと、スタッフが辞める等経営が成り立たなくなり廃業を選択する事になります。

3.M&Aを行う事ですが、1と2と違い初期投資は大きくなります。(造作費用+のれん代が掛かる為)しかしながら、既に売上と収益がついてきますので、どれくらいで投資がペイできるのかを計算する事が出来ます。前述の1と2は売上0からのスタートの為、投資対費用効果が読めません。
更に、スタッフ等も譲り受ける可能性がありますので募集や教育にかかる費用がカットできる事が大きいです。人材の譲渡は確実に出来るものではありませんのでご留意ください。
*参考:M&Aで人材難解消

一方、デメリットというのが適切か分かりませんが、市場に出回っているM&A案件数が非常に少ない事と言えます。基本的に黒字経営であれば売却はしませんし、仮に売却する場合の理由としては事業承継(後継ぎがいない)等の理由になります。
居抜きの場合は案件数は多いのですが、上述のとおり赤字案件も御座いますので実質的に候補となるところは多くないのかもしれません。

スマートM&A.comでは店舗のM&Aも支援しております。
お問合せはこちらです。お気軽にご連絡下さい。