M&Aによい日

M&Aによい日

M&Aに良い日ってあるのでしょうか?とふとご質問を頂きましたので記述させて頂きます。
基本的には良い日と言うのはあまり考えておりませんが、経営者の方々は(私もそうですが)、物事の日取りを気にしたりします。
例えば、大安吉日や一粒万倍日、天赦日等です。私も開業にあたっ一粒万倍日に登記申請を行った思い出があります。(そのおかげか、今も事業を続けていれます。)

もちろん、M&Aにおいても最終契約日に上記の様な日を選ぶことは多いです。しかしながら重要な事はスピード感をもってスケジュールを進める事です。M&Aにおいては精査しなければならない資料が多く、通常業務に加えて、且つ周囲の社員の協力なしに進めなければならず、途中で頓挫するケースがあります。M&Aは当事者以外にはM&Aを進めていること自体、漏らしてはなりませんので当事者のみで資料集め等をしなくてはなりません。

また、時間が多くかかってしまうと相手側の意欲が減退する事もあります。その為、スケジュールをしっかりと管理して、スピーディーに進める事が重要です。