会計事務所など士業のM&A

会計事務所など士業のM&A

仕事から多くの士業様とお付き合いがありますが、各々、専門性を磨いて強みをつくり、ブランディングを行っています。私は昔の事は承知していませんが、現在においては難関な国家資格を取得しても独立してやっていける事とは別であろうと思います。

やはり、企業や事業所の廃業等により、対象となる顧客数が減少している事やネットやクラウドサービスを使ってある程度の事は士業に頼らず自分で出来る範囲が増えた事等があります。また、顧問契約料がネットで調べればどの程度が相場なのかも分かりますし、より安いところも分かり価格競争が激しいです。(実際は下げ止まっている印象があります。)

その様な中で、どの様に各士業様はビジネスを拡大しているかと言うと、前述のとおり専門性を磨いて、例えば税理士で言えば「相続専門」等と少子高齢化の中で需要が伸びる分野に絞っています。

そしてもう一つの方法は「M&A」です。少子高齢化で顧客数が減少する部分もありますが、高齢の士業も多数おり、後継ぎの育成を考えています。
有資格者を募集して、自身のやり方を伝え、信用が出来るかどうかを見て譲り渡していくケースもあります。(弟子を募って、出来が良ければ渡すという事です。)
もちろん、知り合いの士業に譲り渡すこともあります。

基本的には士業ビジネスは多くの資産があるものでは無く、顧客の引継ぎ(のれん代)の譲渡となろうかと思います。後は事務員さんの譲り渡し程度です。
実際に、会計事務所等のM&Aを検討している士業は多くいますし、M&Aの考え方もごりかいされておりますが問題はフットワークの部分です。

要は適した相手がいるかどうかですが、士業の世界も広い様で狭いのかなと思っておりますが、直接お話しするのは、後々の問題もありますのでM&Aアドバイザー等を利用されるのが宜しいかと思います。

ある程度のさわりの部分はM&Aアドバイザーにお願いをして、彼らのフットワークとネットワークを利用して相手を見つける手段を取る事が適切かと思います。

スモールM&Aでは会計事務所等のM&A仲介・アドバイザーもサポートしております。
こちらまでお気軽にご連絡下さい。