最適な承継方法とは?

最適な承継方法とは?

主な事業の承継方法には親族内、親族外、第3者(M&A)等があります。(もちろんIPOでより有能な人材を募集する事もあるでしょう)

各々の会社や事業の状況によりけりですので、最適な承継方法は100社あれば100通りあると思います。もちろん、税務面に絞ったやり方にみれば、相続対策、贈与、SPC(受け皿会社)の活用等が挙げられますが、承継については親族面の関係性や感情の変化が付きまといます。

ある地点では、一定の方法がベストだとしても一定期間を過ぎた場合に人間関係や感情面の変化に伴い、もはやベストでは無くなる可能性も多々あります。

例えば、ご子息に継がせたいと思い、早々に代表権を渡してしまったがその後、事業運営がご自身の考えるところと違う方向に走ってしまう等の事が起きます。この様な場合は、種類株式の活用等で一定の歯止めを持たせるようにするなどの事前の策が必要です。

承継においては、「決めつけ」が一番怖いと思っています。ある程度の「遊び」をもたせることが永続的に事業が続くポイントになるのではないでしょうか?その「遊び」の部分で様々な変化に対しての柔軟性を持たせる事が良いと思います。

スモールM&A.comでは事業承継全般についてのご相談承っております。承継って何?といったところから丁寧に対応いたします。

無料お問合せはこちらです。宜しくお願い致します。