承継の前に行う事①

事業承継を行う前に行う事として、様々なポイントが言われています。
例えば、経営の磨き上げ、後継者教育、株主の整理(名義株の整理)等々ですが、私が考える最大のポイントは「組織化」です。

中小企業、小規模事業者は多くはいわゆる「ワンマン」である事が多いと思います。しかし、ワンマンが悪い事ではありません。
意思決定のスピードや大胆な事業転換等、ワンマンだからこそ大企業等には出来ない決断が出来、優位性を構築します。

承継に当たっては、そのワンマンが退任される事が前提となります。仮にワンマンがいなくなった場合には、組織は組織自身で考え、学習する機能がなければ事業としては回らなくなります。その為、ワンマンがいる間に組織が自立してPDCAを回せるようにしておくべきだと思います。
仮にご子息が承継するにあたっても、先代の経営者が行ってきた事をそのまま行う事は、先天的な素養や性格、経験等の観点より難しい事が多いです。M&Aを行うにあたっても「全ての事はオーナーの頭にあります」と言った状況では譲り受ける側も躊躇します。(と、いうよりは敬遠します。)
先代オーナーがいたからこその経営成績、企業価値であって、その人物がいなければ経営成績等は成り立たないとみられます。

企業の組織化については組織/労務コンサルタントが専門になろうかと思いますが、スモールM&A.comではそのような人事・組織化に造詣が深いパートナーを有しています。

承継の為の組織化等にご興味がある方は、お気軽にこちらまでご連絡下さい。