ベンチャー型事業承継について

ベンチャー型事業承継という言葉を最近よく見にすることがあります。
正しい定義はあるのでしょうが、0から自身で起業するわけでもなく、また親の事業を引き継いで2番手、3番手として後継者としてバトンを受け継ぐものでもありません。
親、先代の気付き上げてきた強みやノウハウを生かしながら、新しい事業にイノベーション(革新)する事です。

しかしながら、聞こえは非常に良いですがベンチャー型事業承継は0から起業するよりも、後継者として親の事業を継続する事よりも良い面もありますが、ハードルが高いところもあると思います。

私見ではベンチャー型事業承継に取り組むご子息も素晴らしいと思いますが、何よりもご子息に任せる親の器量の深さに感心します。
これは中々出来ない事ではないかと思います。

多くの企業での親子間では方針や考え方の違いで軋轢が生じたり、様々な問題抱える事があります。0から起業する際にはご自身のリスクはありますが、自身の考えを通せる部分がメリットです。一方、後継者として勤める場合には、この場合にも軋轢などが生じたりしますが今までの流れの中で経営に従事するわけですから、比較的短期間でのリスクは少ないと考えます。(長期的には事業変化が必要になる事が多いです)

ベンチャー型事業承継においては、親の考えはあるにしても、子息に全て任せるという器量の大きさがまず必要となります。現実的には心配もあり、口出ししたくなる事が多いだろうと思われます。
そして、子息に関しては資本や無形ノウハウ等が利用できるメリットはありますが、本質的には0から事業を立ち上げる起業家マインドが求められると考えます。

私はベンチャー型事業承継に関しては賛成ですが、広く多くの事業承継「親族内承継」においてもご子息が起業家マインドを持っている事が重要であると思っています。
そして事業変化の大きいこのご時世では、少なからず事業変化やイノベーションを求められる局面に遭遇します。この様な局面を乗り切る為にも、これからは単に後継者では無く、起業家としての資質が求められるのではないでしょうか?

スモールM&A.comではこのような起業家精神をもった後継者の育成等へのサポートも行います。無料ご相談はこちらから