ご自身で事業を売り込む事

M&Aアドバイザーとして様々な、企業様や事業主様と会話しますが自社を大手に売り込みに行く、もしくは売り込みに行きたいと思っている方も結構おられます。
相手方は資本力がある、もしくは信用出来る等少なくとも売却を検討している企業様よりも大きな会社や事業体です。私見では、ご自身で売り込みをされる事は否定しませんが可能であればM&Aアドバイザーを介した方が宜しいかと思います。

M&Aの世界では機密遵守が何よりも求められます。基本的にM&AアドバイザーはNDAを締結した後に動き、そして相手方にノンネームシートと言われるざっくりの企業情報を提供し、相手方が興味を示し、売却側が情報開示OKをした後に正式な情報を提示します。
一方、ご自身で売却しに行くと、その売却話が破談になった場合に機密情報としての取り決めが無い為、情報が広がってしまい問題が生じます。

また、交渉にあたっても交渉力の差がある為、芳しくない条件での提示や合意に至る等の不利益があります。その為、基準となる企業価値の算出、バリュエーションを行い客観的な自社の価値を確認する事が重要となります。

知人通しでM&Aを行う事は、人物として信用できる等の状況がありますが、大手に吸収してもらう等は相手との信用関係を築くところからのスタートとなります。

この様な場合には、あらかじめ信用できる方等に相談され、ご自身でも勉強されて取り掛かった方がよいですが、相当な時間が掛かり、本業がおろそかになってしまう事もあります。
本業がおろそかになり企業価値が低下してしまいますと売却も出来ない恐れが生じますので
やはり専門家にたよるべきは頼るとして本業の価値を向上させる事に専念されるのが宜しいでしょう。

スモールM&A.comではあらゆるケースでの相談対応を行っております。相談料は無料です。
是非お気軽にこちらまでお問い合わせ下さい。