後継者の孤独

よく経営者は孤独と言われますが、後継者も孤独と言えると思います。
しかし、孤独の質は違います。
経営者の場合は大きな意思決定が自身に帰属します。もちろん、意思決定を幹部や社員に委ねて容認する、その責任は取るといったスタンスもあります。
意思決定とは会社の方向性、方針を決めるものですが将来の事は目に見えない為に、不安があり、それは誰にも分らないものです。その為、誰の責任でもなく、自身の決断として進める為に孤独感があるのだろうと思います。(あくまで、私の考えです。)

では、一方後継者の孤独とはなんでしょうか? 私の経験からすると、立場が不安定であるが故に何者でもない為に生じる心情では無いかと思います。立場が不安定とは何かといいますと経営者でも無く、一般の面接を通過して採用された社員でも無い、特殊な立場であるという事です。その為、心情を共有する人間が回りにいないところから孤独感が生じるのではないでしょうか?

私はあまり好きではありませんが、上司の愚痴を肴に飲みに行く等も後継者としては、はばかられるものですし、会社をこうしたいと考えども実行できない立場です。

後継者も様々ですので一概に言えませんが、このような孤独からメンタルに支障をきたし、潰れる方もいらっしゃると思います。(私の場合は、会社を飛び出て、自分で起業しましたが。。)

人は誰かに認めてもらいたい等の承認欲求がありますが、そこは気にせず、まずはご自身が自分を認める事が出来る様に目標を立て、努力する事に専念する事が良いかと思います。
そして、そのうちに実績を出すことが出来れば周囲の目も変わります。一般社員でもこのあたりは同様ですが、どうしても後継者の場合は色眼鏡が強くあります。その為、一般社員よりは心理的に厳しい状況ですが、それでも努力を継続し実績を出してほしいと願います。

この様な経験が、将来的に経営者になった時に、自分を信じて努力を続ける能力として開花するのだろうと考えます。