M&Aにおける機密保持

M&Aは機密保持に始まり、機密保持に終わると言われる取引です。その様な中で、一般的にM&Aを取り扱う業者(金融機関、仲介会社、会計事務所等)はNDA(Non-Disclosure Agreement)もしくはCA(Confidential Agreement)と呼ばれる機密保持契約書を締結します。
私の場合は、これらの契約書を締結してから本格的な活動に入っていくわけですが、知り合い通しのM&Aを行う場合や、我流でM&Aサービスを展開する方等は機密保持の観念が低いように思います。
もちろん、適切に対応される方もいらっしゃいますがM&Aの情報が洩れる事は百害あって一利無しと言って良いものです。
売却希望会社の社員に情報が洩れ、社員の不安が増し、退職が増えたり、関係する取引会社との取引に影響が出たり等企業価値の低下を招きます。

売却するにあたっては企業価値が低ければ売却できる可能性は低下します。その為、機密漏洩の対策を行う事はもちろんの事、企業価値を向上させる努力が必要となります。

話は戻りますが、機密保持のためには契約書を締結するのは前提として、機密を漏洩しない対策が必要となります。それは連絡手段の明確化や打ち合わせ場所の配慮となります。

連絡手段については売り手様と直接連絡を取れる様に個人の携帯電話で連絡をする等になります。間違ってもFAX等では連絡をしない様にすることが重要です。
打ち合わせ場所についても、社員等に悟られない様に、M&Aアドバイザーの事務所等で相談する事が重要です。

スモールM&A.comではお客様の機密情報を漏洩しない様に、配慮、対策を取っております。
ご安心してご相談頂ければと思います。お問合せはこちらから。