日本における開業率

たまたまですが、中小企業白書で少し調べものをしておりましたら起業環境の国際比較等のデータがあり、少し興味を持ってしまいました。

中小企業白書2014年度版によりますと、起業環境の国際比較として日本は「120位」であり、ASEAN+3の中では7位、OECDの34か国中では31位と極めて低位置にあります。

そして、起業までのステージを4段階に分けたデータもあり、
1.潜在的起業希望者:6.5%
企業を将来の選択肢の一つとしているが現時点で準備をしていない
2.初期起業準備者:7.6%
起業を検討しているが、情報収集段階
3.起業準備者:5.1%起業に向けて具体的な準備をしている
4.起業家:9.0%
起業を実現した

そして、起業に無関心が「7割」とのデータです。個人的にもう少し独立志向や起業に関心のある世の中の方がイノベーションも起こりやすいですし、日本が世界で再びリードする時代に戻せると思っています。
そのような中でM&Aを活用した起業が推進出来ればと思っています。長年培った技術やノウハウに今の現役世代の新しい発想や価値観を加味した、古くて新しい何かを創出できる世の中に寄与していきたいと思っております。

スモールM&A.comでは起業準備中の方起業を選択肢として考えている方等のご相談にも乗っております。お問合せはこちらまで。どうぞお気軽にご連絡下さい。