郊外における地域医療の維持

とある人口10万人程度の郊外においては少子高齢化が進み、65歳以上の人口割合が30%となっております。その市の関係者とお話しをしますと、特に小児科が不足しており若い世代が流入してもしばらくすると流出していくとの事でした。
実際に、医師免許を取るにしても小児科が少ないとの情報もあり、更に若い世代を呼び込みたい地域に必要な医療施設が無い事は問題であろうと思われます。
また、高齢者が多い為、切れ目のない細やかな医療サービスが求められ地域の発展の為には地域医療の維持が不可欠であると思います。
しかし、一方、医療サービスを行う事業者、クリニック等も後継者不足でお悩みの方が多いと伺っています。医師のご子息は医師である事が多い為、一見すると後継者候補はいらっしゃるように思いますが経営を行う事への負担感であるとか、研究機関でそのまま働きたい等の考えもあり、ご子息が医師であってもスムーズに承継する事とは別の様に思います。
この様な場合、第三者への承継を行う事により医院の存続、地域医療の維持に寄与致します。
M&Aはまだまだ理解が進んでいないところも御座いますが、郊外の地域活性や維持のためにこそ活かせる方法であると考えております。

スモールM&A.comでは、地域活性のお役に立てるようあらゆる角度からのサポートをいたしております。医院、クリニックの承継等にもご相談対応しております。
お気軽にご連絡頂ければと思います。