M&Aは大きな合意から

現在、弊社がM&Aの売却側のFA(ファイナンシャルアドバイザー)として買い手側との協議に入り、ようやくトップ面談となる見込みですがやはり買い手様と売り手様との意識の違いというものを改めて感じております。
買い手様には弊社と別のFAがついておられますがノンネームシートの提示の段階で、詳細にわたる様々なご質問を頂いております。しかしながら売り手様からすると「本気度」が見えていない段階で詳細のご情報を確認してお伝えする事は、煩わしく感じますし、機密中の機密事項であったりもしますのでためらう事も多々御座います。
本件においては弊社がまとめたご情報の中での買い手様の大枠のご判断を頂き、「本気度」を確認しながら進めております。
そして、トップ面談でお互いの人柄や事業に対しての考え方等を確認し、双方が「良い相手」と認識されましたら、詳細に渡るご質問への対応を行い、基本合意へと進めて行きます。
本件は、このような進め方で上手く行っているように思いますが相手様のお考えや状況により進め方は変更する事は多々御座います。
反対に、初めから詳細なところもどうしてもとして質問攻めにする等は相手側への不信等を招きかねませんので基本的にはお勧めしておりません。
いずれにしても、大きなところでOKであるのかどうかの確認を繰り返し、丁寧な合意形成を弊社では図っております。
現在M&Aをお考えの方、もしくは検討進行中の方につきましては大きく考えて頂き、相手側との協議を円滑に進めて頂ければと思います。

M&Aへのご質問やご相談はこちらまでお願いします。