廃業するのも計画的に

先週末に東京で日本M&Aアドバイザー協会の総会に出席しましたが、その中に廃業をサポートする公認会計士の発表があり非常に興味深かったのでブログに記載しようと思います。
その方は、価値の無い事業と言うと言葉は強いですが無理に次世代に承継すると次世代の方が後々になって非常に困る事になる為、現時点で手を打って廃業していきましょうと言うサポートを行っているそうです。
実際には廃業支援型バイアウトをハンズオンで行い、一旦、役員に就任して対応するそうなのですがお聞きする限り、相当に精神的な負担のかかる事であると思いました。ある時は、怒鳴られ、灰皿を投げつけられ。。。等があるらしいのですがそれでもきれいに精算できると経営者の方から非常に感謝され、それがモチベーションになっているとの事です。
事業承継に関しては、親族内に承継するにせよ、M&Aで第三者に譲渡するにせよ廃業をするにも時間が掛かる事を改めて痛感しました。
将来的に事業の担い手をどの様にするか、廃業を行っていくにしても計画的に且つ健康であるうちに進めていく事がご家族にとっても良い事です。

事業承継やM&A等に関してご相談をスモールM&A.comでは受け付けておりますので
何か知りたい事等があればお気軽にこちらまでご連絡下さい。