今後のM&A市場のトレンド

最近では、新聞紙上や様々なところで後継ぎ不足等が叫ばれていますが、その解消の手段としてM&Aが活性化しつつあります。
このような時代の流れに対応して大手の会社は元々の大手や優良顧客層とのつながりを利用してM&Aにおける買い手サイドのポータルを構築してきております。
その為、今後は売り手となる売却予定事業の買い手探索においてはかなりやりやすくなるのでは無いかと思う一方、実際のところはあまり後継ぎ不足を理由とした廃業件数の削減には寄与しないのでは無いかとの見方もしています。
その様に考えるのは、大手資本の会社が買収を検討するのはある程度の利益体制や組織体制、様々な要素が整理されてキレイな状態の事業では無いかと思うからです。その為、債務超過や赤字体質の会社を買収する事は考えにくく、結果としてあまりM&Aの成立は多くない様に思います。もちろん、上記の様に整理されていない事業であっても、時流に合ったサービスを展開しておりポテンシャルが非常に高いと思われる事業については例外であり、売却はされるでしょうがベンチャー企業になるでしょうし、事業承継の解決策としてはなり得ない様に思います。 また、早く高く売却したいと強く思われるところは赤字体質ないしは債務超過であったりします。 そして、良質な買い手をそろえたところで良質な売り手が簡単に出てくる事は難しく、このあたりはやはり今まで通り、M&Aアドバイザーが売り手候補様とコミュニケーションを交わし、信頼関係を構築してM&Aが本当に良いのか、もしくは廃業する事が良いのかも含めて売り手様が納得できる様に情報を提供し、支援していく事が重要であろうと思います。

事業承継の解決策としてのM&Aにおいては、様々な経営者様のお考えが複雑に強くある事が多く単純に第三者に譲りましょうと言った姿勢では無理があります。
これまでの経営者様の歴史や想い、それらを理解した上でM&Aに進まなければ良いご縁を作る事は難しいと思います。

トレンドとしてM&Aがより身近でポピュラーになってくるとは思いますが、そうは言っても各事業は様々な想いや歴史の上で成り立っておりますので、市場システムの利便性が向上したとしてもM&Aについての正しい理解を進めて行かなければならないと思っています。

スモールM&A.comでは経営者様の想いを理解し、M&Aとは何か、準備は何か等も含めた伴走型の支援を致しております。

ご相談はこちらから。お気軽にどうぞご利用ください。