税理士のM&Aの関与

職業柄、税理士先生とお会いしお話しする事も多くありますが顧問先のM&A相談で苦労されている方も多くいらっしゃるように思います。
もちろん、会計については十分な理解と知識はおありなのですが、M&Aの話しが具体化するととにかく工数や時間が掛かってしまいます。
スタッフが多く、人的リソースに余裕のある会計事務所であればM&A部隊等を設立して対応を図る事が可能ですがそこまでの余裕が無い事務所であれば対応は難しいのでは無いかと思います。
M&Aはある程度の具体性が出てきますと、スピード感を持って進める事が定石であり、例えば確定申告時期等にM&Aの対応をするとなるとかなりの時間的問題が生じると思われます。
他業務や他顧問先への対応を行うがゆえにスピードが無くなってしまい破談になる事も考えられますので、その様な場合は弊社のようなM&A仲介会社を利用しながらセカンドオピニオンの立場で必要な財務資料のチェック等に業務をフォーカスさせる事も一案です。

クライアント様にとっても安心されるのは顧問税理士の先生ですので、営業的(交渉/調整)等には弊社を活用頂き、相談やチェック作業にはご参加頂く等の棲み分けを行いながら現有リソースに支障をきたさない範囲でM&Aへの関与をされるのは如何でしょうか?

ご質問やお問合せはこちらから