買い手候補も自社評価を

先日、とある金融機関様と同行してM&Aをご検討されている買い手候補企業様に訪問しました。元々はM&Aについて興味はあるが、良くわかっていないので説明をと言う程度の話しでしたが実際にお会いになってみるとそんな事は無く良く勉強されてらっしゃるなと言う印象を持ちました。
一通り、M&Aの説明をしていますと買い手候補様から「うちの評価額はどれくらい?」と言う質問が飛んできました。これは金融機関様への質問でしたが実際にこれは重要なポイントであると思います。買い手候補様としては企業価値を上げる為にM&Aをされるわけですから自社の価値がどれくらいあるのか?また、どの様に向上していくのか?そしてその方法は独自で進めるのかM&Aで進めるのか?と言った選択肢があります。昨今、M&Aによる事業拡大も中小企業において進んできていますが、同時に選択と集中と言った事業判断も必要になってきます。
買い手候補様も今後、選択と集中をきちんと判断出来るために可能であれば事業ごとの収益性や事業価値等を定期的に確認していく事はこれからの時代に必要なものでは無いかと思います。
スモールM&A.comではM&Aのご説明から企業価値の算定等、事業価値向上に対してあらゆる側面から支援しています。
ご興味のある方はこちらからご質問下さい。宜しくお願い致します。