事業承継は事業整理のチャンス

後継ぎ問題や事業承継と言った事をテーマに多く投稿していますが、最近の話しで事業承継は事業見直し及び整理をする良い機会である事を感じます。
とある製造業の方で後継ぎである息子さんはいらっしゃるのですが、主に主力事業のみを任せていました。そして経営者様がいざ事業を息子さんに継がせようとなった時に主力以外の事業(収益は出ています)を売却しようという事になりました。その主力外の事業は経営者様がみておられました。
主力事業ではありませんので売上規模等は大きいわけではありませんが、息子さんの立場からすると主力事業に専念する事が出来、より深く事業にコミットする事が出来ます。
仮に全てを受け継ぐとした場合は統制範囲が広くなる為に、事業ごとに責任者を置いた上で息子さんが統括する立場になります。これは事業承継を見据えて人材教育、組織整備を行っていれば出来たかもしれません。しかし昨今、人材不足であったりビジネスモデルの変化による既存事業の頭打ち等がある為、より選択と集中が求められる時代であると思います。
事業承継に差し掛かっている方やご検討されている方は、どの様にご子息等の後継ぎ様に承継するを考える際に、どの様な事業形態でお渡しするのかも同時に考えて頂ければ幸いです。

スモールM&A.comでは事業承継~M&Aを含めて、貴社のビジネスを入り口から出口まで応援致します。

お問合せはこちらからお気軽にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。