知り合いへの売却相談に注意

特に、後継ぎ不足による高齢者のオーナー様は事業の売却について取引先への打診を考えられるケースが多い様に思います。実際に最近はその様な相談が増えてきています。
取引先様からは事業の継続を求められる一方で、後継者が不在の為に承継を取引先様にお願いしようと考えられますが、M&Aが不調和に終わるリスクや事業売却の意向が様々な方面に漏洩する事が考えられます。
この様な場合、M&A仲介機関を利用する事も一手です。M&A仲介機関が匿名の売却希望として買収して欲しい対象会社へアプローチ致します。そして先方がご興味があれば機密保持契約書を締結の上で売却希望先様をお伝えする事になります。
この手法でいきますと、そもそもM&Aする気が無い取引先や、情報漏洩のリスクが狭まります。しかし、一方でM&A仲介会社と取引先様との間での信頼関係はありませんので話がつながる可能性はご自身で打診されるよりは減少します。
また、いくら信頼出来る取引先様と言っても、自社の情報を全てさらけ出す事には抵抗はあろうかと思います(例えば原価資料等)のでいずれにしても仲介会社を利用する事は有用です。

スモールM&A.comではお知り合いどおしのM&Aについて積極的に対応しています。
お知り合いや取引先様等に事業の譲渡をお考えの方はこちらからご連絡下さい。

宜しくお願い致します。