居抜きとM&Aの違い

居抜きとM&Aの違い

居抜きとは正式には造作譲渡と呼ばれ、店舗の引継ぎの際に内装や設備を次のオーナーに 引き渡すものです。 一方、M&Aは内装や設備はもちろん、その上で『営業権』すなわち「のれん」も譲渡する取引です。 その為、譲渡価額は高くなりますが、買い手様にとっては広告費や人材募集の手間が省け 更に損益予測が立てやすくなります。

買い手様にとって、居抜きの場合には内装設備が既にある事で費用が低くなりますが 人材の確保や顧客の集客、獲得は一から始めなければなりません。
もちろん、一からブランドコンセプトを構築する楽しさややりがいはあります。 しかしながら、損益がプラスに転じるまでは時間が必要であり、プラスに転じるまでの運転資金も 相当必要になってきます。

M&Aで行った場合には損益予測が立てやすく、初めから売上がある状態からのスタートとなります。