M&Aと居抜きのメリット比較(買収側)

M&Aと居抜きのメリット比較(買収側)

M&Aと居抜きのメリットを比較した時に下記のようになります。

低投資での開業が可能であることが共通しているメリットと言えます。実際にはM&Aの方が居抜きよりは投資金額はのれん代の分だけ高くはなりますが、投資費用効果が見えやすい事が居抜きには無いメリットです。

居抜きの場合、飲食店であればキッチンや洗い場等の設備がついてきており、その分の投資額は浮かす事が出来ますが、一から店舗コンセプトを練り、人を育て、一から集客をしていかなければなりません。もちろん、一から自分で決めて行きたい方には良い方法ですがその場合には立地条件の確認や売却側の収益を見ておく事が重要です。

M&Aの場合は投資金額に収益状況を勘案してどれくらいの期間で償却できるかがポイントです。また、人の採用や教育も譲り受ける場合は手間が短縮でき、開業と同時に売上がついてくるところが最大のメリットと言えます。もちろん、オーナー様のノウハウ等も習得できますので居抜きに比べて時間が短く軌道に乗せる事がポイントです。