M&Aのプロセス

M&Aのプロセス 

1.NDAの締結
NDA(Non-Disclosure Agreement)とは機密保持契約と呼ばれるもので M&Aにおいては必須のものとなります。 お互いの情報を第三者に漏らしてはいけませんよと契約書で合意するもので 基本的にはNDAを締結してからお客様の重要な情報をお伺いする形になります。

2.アドバイザリー契約の締結
M&Aアドバイザリー契約とかFA(ファイナンシャルアドバイザリー)契約等と呼ばれる契約書です。 中身は報酬体系であったり、業務内容の範囲を決定したりするものであり、 この契約書を締結してから本格的にM&Aアドバイザーが動くことになります。

3.マッチング
売り手候補と買い手候補の相手片を探してご紹介する事です。 マッチングの前にバリュエーション(事業価値算定)をお客様の決算書とヒアリングを 基に行い、ノンネームシートと言われる大雑把な事業紹介を作成して、相手方を探すことに
なります。相手方を探す際には、ノンネームシートで打診を掛け、もう少し詳細を知りたいとなった場合に 売り手候補の確認の上、詳細情報を展開します。(ネームクリアと呼ばれます)

4.トップミーティング
オーナー様同士で初めてお会い頂く機会です。 お互いの考え方等をお伝え頂き、相手を知って頂く場となります。 その際にはM&Aアドバイザーが同席します。

5.基本合意
トップミーティングを終え、大まかな条件で合意をした場合に基本合意契約書を 締結して頂きます。状況によっては締結しない場合もありますが、この段階からは 買い手様の独占交渉権が発生いたします。 この後に控えるデューデリジェンス(買収監査)に買い手側の費用が発生しますので 他の方との交渉は控えて下さいということになります。

6.デューデリジェンス
買収にあたっての監査となります。小規模のところでは財務のみ等で済ませる事も多くありますが 内容次第では法務、環境、労務等の監査を行う事となります。 このプロセスを経て、リスクの確認及び条件の調整となります。

7.クロージング
デューデリジェンスを終え、最終調整を終えて契約の完了となります。