事業承継

事業承継の一つの方法としてM&Aが活用されています。ひと昔前はご子息や親族の方が跡継ぎとして活躍される事が多くありましたが近年は親族内承継の数が減少し、後継ぎがいない為にやむなく廃業されるケースが増加しており社会問題となっております。また、譲られるオーナー様や社長の事業への想いは非常に強く、譲り受けられる側の想いとマッチする必要があります。
M&Aと比較した際の他の承継方法との違いとしては下記のようなものがあります。
親族内承継
子息等の親族に株式や資産を譲渡(相続、贈与を含む)する事で承継する方法です。特に中小企業の場合は非公開株式の相続税評価額が思ったより高く、遺産分割でトラブルになったり、後継者の教育や環境整備を適切に行わなかった場合には
その後の経営状況に支障をきたす可能性があります。もちろん、金融機関や周囲の関係者からの理解は得やすく、そう言った意味ではベストな承継方法であると思われます。M&Aを使用した場合には納得のいく相手(信頼出来る、資本力が大きい等)への譲渡が前提となりますので経営や事業の更なる発展や、創業者利益を現金で獲得出来る事から後々の遺産分割において分割しやすくなる等のメリットがあります。
親族外承継
社員等への承継を行うものでMBO(Management Buy Out)と呼ばれ広義のM&Aの手法です。ご子息等親族がいらっしゃらなくても広く後継者を募る事が出来るのがメリットと言えます。しかし、個人保証の引継ぎや株式、資産の譲渡の元手となる資金を獲得する事に苦慮されるケースが多いです。また個人保証も外れずに連帯で残る事もあります。また、代表者になったとたんに自分への態度が変化したり、後々に後悔や未練を残すケースもあります。しかし、たたき上げで後継者となる方ですので業界や業務への理解は非常に強く、能力面での選定はしやすい事はメリットと言えます。M&Aを使用した場合には、後継者側の資金調達の問題等は生じなくなり、相手側の財務内容次第ですが個人保証が外れ、業界動向への理解も深い相手を探すことが出来ます。オーナーの手からは離れますが、経営に関する精神的負担から解放される事もメリットです。
廃業

承継する事無く、自分の代で会社を終える事です。現在、後継者がいない事で経営成績は黒字にもかかわらず3割の事業者が廃業を選んでいると言われています。その為、地域の賑わいが無くなって行ったり、社員のその後の人生に大きな影響を与える事になります。M&Aを使用した場合には、社員の雇用の継続であったり、地域社会への貢献に寄与する事となり更に創業者利益が廃業を選択した場合より大きく獲得する事が出来ます。別途、顧客へ迷惑を掛けられないとの責任感より廃業の選択も出来ずに事業を継続されているオーナー様も多くいらっしゃいます。M&Aでは事業や顧客へのサービスの継続が可能になり、責任からの解放が出来る事が大きなメリットとなります。