親族外承継

事業承継の一つの方法としてM&Aが活用されています。ひと昔前はご子息や親族の方が跡継ぎとして活躍される事が多くありましたが近年は親族内承継の数が減少し、後継ぎがいない為にやむなく廃業されるケースが増加しており社会問題となっております。また、譲られるオーナー様や社長の事業への想いは非常に強く、譲り受けられる側の想いとマッチする必要があります。
親族外承継
主に社員からの登用で承継する方法ですが、親族内承継や第三者承継M&Aと比較すると良いところもありますが、難しいところもある方法であると考えています。

良いところは能力があり、業界や会社の理解もあるところですが難しいところは株式や資産譲渡の資金集めにあります。金融機関等からの調達がメインとなってきますが、実態としては調達する事も理解を得る事に苦労をし、また後継者として選定された社員が責任を負いたくない等嫌がる事もあります。株式や資産を贈与や遺贈等で行う事も考えられますが、遺族の遺留分等の問題も生じますので慎重に検討していかなくてはなりません。今後、同族経営への脱却を行うのであれば、資本戦略や諸所の義務が生じますがIPO(株式公開)を行うのも一つの方法です。